思い切ってエステの脱毛にいってみてよかった

思い切ってエステの脱毛にいってみてよかった

自己処理では限界を感じていたワキのムダ毛

私は子供の頃から毛深い体質で、中学校に入ったあたりからムダ毛を気にして一生懸命お手入れをしていました。腕や脚も気になっていたのですが、特にワキの毛が濃く、1本1本が太いのでカミソリで剃っても青々とした跡が目立ってしまい、毛抜きで抜くとプツプツと鳥肌のようなでこぼこができてしまい…。どうやってもキレイにならなくて悩んでいました。もう自己処理ではキレイにするのは無理なんではないかと思っていたのですが、エステで脱毛するのはすごくお金がかかりそうなので試す勇気はありませんでした。

友人に勧められてミュゼにいく決心

そんなある日友人から、ミュゼで一緒にワキの脱毛をしないかと誘われました。話しを聞くと2000円で回数の制限なく脱毛を受けられるとのこと。話がうますぎるし、行って高額なコースなどに無理矢理勧誘されるのでは…と半信半疑だったのですが、友達と一緒に行くなら怖くないと思い、付いていくことにしました。

意外にあっさりと終わった申し込み

お店に入ってみると、おしゃれな美容室のような清潔感のある雰囲気で、美人なスタッフの方がたくさんいました。少し緊張しましたが、実際に話をしてみるとすごく気さくな感じでこちらの質問にも丁寧に答えてくれました。何よりも強引な勧誘などが一切なく、はじめにこちらが話した2000円のコースだけで問題なく契約書できたことにほっとしました。

いよいよ初めての脱毛

後日、初めての脱毛にお店に行きました。人様に自分の汚いワキを見せる恥ずかしさと、ものすごく痛かったらどうしようという不安でいっぱいだったのですが、ここでもやはりスタッフの肩がすごく気さくに話してくれて、リラックスすることができました。痛みの方も思ったよりは全然弱く、何度か通ううちにすっかり慣れました。ワキの毛も1年ほどでほとんど生えてこなくなり、見た目もすごくキレイになったので、やってよかったと思います。

次は全身脱毛だと思うとわくわくが止まりません。
全身脱毛の料金と効果で選ぶ!!おすすめ脱毛ランキング
この調子で全身ツルスベ肌を目指したいなと思っています。

脱毛について迷っています

私は、女性にしてはとても毛深い方だと思います。

今の私のムダ毛の処理の仕方はカミソリです。
カミソリで2日に1回ムダ毛の処理をしています。

しかし、冬場などは、カミソリを使用すると、かなりカサカサになったりします。
それに、2日に1回という頻度がとても面倒くさく感じています。

なので、脱毛サロンへ行って脱毛しようかなと迷っています。

脱毛サロンで脱毛すれば、2日に1回の面倒なムダ毛処理からは解放されます。

しかし、カミソリで自分で処理すれば、数百円のカミソリ代だけで済みます。

脱毛となると、インターネットで調べたところ、脱毛サロンで脱毛となると、お手頃価格の脱毛サロンでも月に一万円ほどかかるようです。

今まで数百円のお金ですんでいたものが1万円になるのはかなり痛い出費です。

カミソリだと、2日に1回で面倒だし、剃り残しがあったりします。

しかし脱毛だと、剃り残しなどもないし、仕上がりもきれいだろうなーと感じます。
でもお金がかなりかかってしまうとなかなか脱毛サロンで、脱毛することにふみきれずにいます。

本当は、脱毛サロンで脱毛して、脱毛サロンの広告のモデルさんのような、ツルツルすべすべな肌を手に入れたいです。

ですが、やっぱりお金がとてもネックになって決心がつきません。

誰か私の背中を押してほしい位です。
自分磨きの為と思って自分に投資していると思えばいいのかもしれませんが、ケチ私にはなかなかそれができずにいます。

ムダ毛をキレイに処理するためには

年代を問わず多くの女性にとって大きな悩みとなっているムダ毛処理の問題。
ムダ毛は脇や腕、脚など広範囲に生えてきますし、処理をしても短期間で再び伸びてきてしまうので処理に頭を悩ませている人は世の中に大勢いると考えられるのです。
脱毛の方法として多くの人が実践しており最も一般的な方法となっているのが自宅でカミソリを使った脱毛方法となります。

カミソリを用いた脱毛処理は誰でも簡単に自宅でできるというメリットがある一方で肌に掛かる負担も大きく、肌を傷つけてしまうリスクも高い脱毛方法となるので処理には注意が必要となります。
ムダ毛と一緒に肌の表面をも削ってしまうので表面がデコボコになってしまったり傷ついて出血してしまうことも珍しくありません。敏感肌の人であればヒリヒリと痛んでしまいますし、傷跡が赤茶色に沈着してしまうケースも度々報告されてしまいます。

さらには皮膚の下でムダ毛が伸び続けてしまう埋没毛が発生するリスクが高くなることもわかっています。
皮膚の下で伸び続けたムダ毛はやがて溶けてなくなりますが、その際に色素沈着を起こしてムダ毛の合った部分が黒ずんでしまうので埋没毛が生じた際にはすみやかに専門クリニックで対処する必要があるのです。

ムダ毛を美しく処理したいと考えるならば自己処理をするよりも、専門的な知識を持つスタッフに専門の脱毛器を用いて処理してもらうことのできる美容サロンなどで行なうのが確実かつおすすめとなります。一番良いのは専門のクリニックでおこなう医療用レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛とは
医療機関や美容外科クリニックなどでおこなわれているレーザー脱毛のこと。より高度な技術が用いられ、医師でないと扱うことができない医療行為にあたります。効果の高さや持続性から「永久脱毛」と認められた脱毛です。
引用元 永久脱毛ナビ【最新鋭の医療レーザー脱毛について】

これは一番安全性も高く効果もより高い効果が期待できます。ムダ毛を一番に考えるのであれば最適な方法といえます。

家庭での脱毛後のケアについて

家庭用脱毛器などを使って脱毛を行っている女性は多いと思いますが、脱毛後はしっかりとケアをしておかなければ肌のトラブルを引き起こす可能性があります。
脱毛を終えた時の肌の状態の多くは少し赤みがかっていたり腫れている、もしくは軽い火傷を負ったような状態になる場合があります。
その状態を放置しておくとさらに肌へのダメージが大きくなる場合もあるのできちんとケアをしてあげましょう。

サロンでも行われているケアのほぼ同じなのですが、脱毛直後は肌は熱を持った状態なので冷やす必要があります。
なので保冷剤や濡れタオルでしっかり冷やしてあげましょう。

また脱毛前に冷やしておくことで脱毛時の痛みを多少は軽減できるのでおすすめです。
脱毛後にローションや化粧水を塗る方もいると思いますが直後に塗るのは控えましょう。

何故かというと脱毛直後は毛穴が開いた状態なのでローションなどが詰まりやすく、炎症などを引き起こしやすくなっています。
なので保冷剤などで約30分程度冷やして毛穴がある程度閉じてから化粧水を塗るようにしましょう。
また脱毛後は肌が乾燥していることがほとんどですので出来るだけたっぷり塗るのがおすすめです。

ただ乳液の場合は塗り過ぎると毛穴が詰まる恐れがあるので乳液だけは量を加減しながら塗ってください。
脱毛の際に軽い腫れ程度であれば時間が経てば治まりますが、酷い炎症や出血などが起きた場合には脱毛を中断して早めに皮膚科などの専門医に診てもらうようにしてください。

双子がいる生活に必要なもの

私には、今、双子の赤ちゃんがいます。
現在で生後七か月になりますが、とても可愛い反面、大変なことも数多くあります。
例を挙げるなら、赤ちゃんの世話もそうです。
まず、授乳ですが、双子では母乳育児が難しいため、ミルクは最初から利用しています。
しかし、授乳の際には、二人同時にミルクをあげることが難しいため、当初は一人ずつミルクを与えていました。
そうなると、時間はとても掛る上、家事などが一切出来ないため、家も散らかり放題、食事もインスタントと言ったような偏った食生活になってしまいました。
そのため、何とか改善出来ないかと考え、ネットで双子や三つ子の育児の動画を見ていたところ、ハイローチェアを二つ使って、双子に食事を与える動画がありました。
これは便利だと思い、ネットのオークションでハイローチェアを購入して、双子の授乳に使用したところ、時間も短く、アッという間に終わってしまいました。
また、双子のお風呂の際には、ハイローチェアをベッドバージョンにすることも可能ですので、どちらかをお風呂に入れている間に、もう一方の子供をハイローチェアにベルトをして寝かせておき、風呂から上がると、今度はもう一人の子供を風呂に入れ。さっき風呂に入っていた子供は、ハイローチェアに寝かせていました。
とても便利ですし、簡単に椅子やベッドに変形させることも可能です。
カバーも取り外して洗えますので、いつでも衛生的です。
また、赤ちゃん用品は、買取なども行っていますので、綺麗に洗えば、ネットのオークションなどで売ることも出来ます。
3歳ぐらいまで使用出来ますので、食事の際の椅子としても良いですし、ゆりかご機能もありますので、ゆらゆら揺らせておけば、赤ちゃんも泣きやんでくれます。
ハイローチェアの存在も、ネットで知りましたので、ネットがあれば何かと便利です。
ネットのオークションでは、このようなベビーグッズが多くありますので、安く育児用品を揃えたいならば、オークションがおすすめですよ。

オール電化で光熱費の節約中

僕の家(新築一戸建て)は、オール電化にしています。昨今電力会社が電気代値上げを打ち立てているなか、オール電化住宅での光熱費節約も難しくなっています。
しかしながら、僕の住んでいる地域では、ガスはプロパンですので、一般的な都市ガスに比べてガス料金が割高で、ガスと電気を両方使っていると効率が悪く、光熱費の
節約がとても難しいのです。そのことを十分考慮に入れて、家を建てるときには、オール電化にしました。

全ての光熱費が電気ですので、節約はとにかく電気を使わないこ
と、常に節電に気を配っています。ガスと電気を併用した家庭と比べると光熱費は10%減にはなっています(口コミ調査)。それでも夏場や真冬は、電気代が跳ねあがって
しまします。1月の電気代にびっくりしました。今までで一番高かった。それで今年の冬(2月)から試しているのですが、まず冬は、エアコンの使用を最小減(使わないのが
いいのですが!)にしています。

日中は、仕事にいっていますので、ほとんど使用していませんが、帰宅してからがどうしてもエアコンを使用したくなります。それを我慢するのです。

帰宅直後は、家全体の空気がとても冷たくなっていますので、まず、エアコンを15分だけ稼働します。そうすると各部屋の平均気温は、12度ぐらいから20度ぐらい
まで上昇します。そこでガスファンヒータの出番です。ファンヒーターは、部屋全体を暖めるのには適していませんが、部分的に暖めるにはとても効率が良く経済的です。後
は衣服と毛布でカバー!。何とか今年の冬を乗り切りました。さらに、寒さにも抵抗力がついて風邪をひかなくなりました。(一石二鳥です。)

この効果がどれだけ出ているのか、来月の電気代が楽しみです。おそらく10%の減になっていると見込んでいます。次は夏に向けての対策を考えなければ・・・。

リサイクルショップ

我が家から車で20分ほどの所に、私の大好きなリサイクルショップがあります。リサイクルショップというよりは廃品の店という方が、正しいかもしれません。それは、ほとんどがゴミの山という感じで、どれもものすごく値段が安いのです。扉の取れてしまった箪笥、脚のないテーブル、引き出しのない机、蛇口だけ等々、こんなもの売り物になるのだろうかと思う物ばかりあるのですが、つまり部品だけでも買えるのでとても楽しいのです。

2年前、うちの旦那が単身赴任になった時に、このリサイクルショップですべての家具を調達しました。天板のない電気こたつは500円(天板は友達からもらったらサイズピッタリでした)。サイドボードの代わりに食器戸棚の上部だけ扉無しが300円。テレビ台が100円。台所のオタマやフライパンをひっかけておくワイヤー5個で50円。円形のファッションハンガー500円と、笑っちゃうほど安いんです。自分で好きな色を塗ったり、リフォームしたり、使い方も自分次第で何にでもなります。やっぱり私はピカピカの新品よりは、昔誰がが使ってきて、今は誰も使う人がいなくなったような古い物が大好きです。

古い物はなんだかその周りに流れる空気が違うような気がするんです。旦那の約2年間の単身赴任生活もついに来月で終わり、我が家に戻ってくる事になりました。私としては、もう1だけ年単身赴任のままでいいような気がするんですが、勝手なワガママですよね。帰って来たらまたあのリサイクルショップに行こうと思っています。今度は買った物たちを売りに行くことになるのですが、何かになりそうな部品(ガラクタ)を見つけたくて、今から楽しみでワクワクしています。