4月 2015 archive

ムダ毛をキレイに処理するためには

年代を問わず多くの女性にとって大きな悩みとなっているムダ毛処理の問題。
ムダ毛は脇や腕、脚など広範囲に生えてきますし、処理をしても短期間で再び伸びてきてしまうので処理に頭を悩ませている人は世の中に大勢いると考えられるのです。
脱毛の方法として多くの人が実践しており最も一般的な方法となっているのが自宅でカミソリを使った脱毛方法となります。

カミソリを用いた脱毛処理は誰でも簡単に自宅でできるというメリットがある一方で肌に掛かる負担も大きく、肌を傷つけてしまうリスクも高い脱毛方法となるので処理には注意が必要となります。
ムダ毛と一緒に肌の表面をも削ってしまうので表面がデコボコになってしまったり傷ついて出血してしまうことも珍しくありません。敏感肌の人であればヒリヒリと痛んでしまいますし、傷跡が赤茶色に沈着してしまうケースも度々報告されてしまいます。

さらには皮膚の下でムダ毛が伸び続けてしまう埋没毛が発生するリスクが高くなることもわかっています。
皮膚の下で伸び続けたムダ毛はやがて溶けてなくなりますが、その際に色素沈着を起こしてムダ毛の合った部分が黒ずんでしまうので埋没毛が生じた際にはすみやかに専門クリニックで対処する必要があるのです。

ムダ毛を美しく処理したいと考えるならば自己処理をするよりも、専門的な知識を持つスタッフに専門の脱毛器を用いて処理してもらうことのできる美容サロンなどで行なうのが確実かつおすすめとなります。一番良いのは専門のクリニックでおこなう医療用レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛とは
医療機関や美容外科クリニックなどでおこなわれているレーザー脱毛のこと。より高度な技術が用いられ、医師でないと扱うことができない医療行為にあたります。効果の高さや持続性から「永久脱毛」と認められた脱毛です。
引用元 永久脱毛ナビ【最新鋭の医療レーザー脱毛について】

これは一番安全性も高く効果もより高い効果が期待できます。ムダ毛を一番に考えるのであれば最適な方法といえます。

家庭での脱毛後のケアについて

家庭用脱毛器などを使って脱毛を行っている女性は多いと思いますが、脱毛後はしっかりとケアをしておかなければ肌のトラブルを引き起こす可能性があります。
脱毛を終えた時の肌の状態の多くは少し赤みがかっていたり腫れている、もしくは軽い火傷を負ったような状態になる場合があります。
その状態を放置しておくとさらに肌へのダメージが大きくなる場合もあるのできちんとケアをしてあげましょう。

サロンでも行われているケアのほぼ同じなのですが、脱毛直後は肌は熱を持った状態なので冷やす必要があります。
なので保冷剤や濡れタオルでしっかり冷やしてあげましょう。

また脱毛前に冷やしておくことで脱毛時の痛みを多少は軽減できるのでおすすめです。
脱毛後にローションや化粧水を塗る方もいると思いますが直後に塗るのは控えましょう。

何故かというと脱毛直後は毛穴が開いた状態なのでローションなどが詰まりやすく、炎症などを引き起こしやすくなっています。
なので保冷剤などで約30分程度冷やして毛穴がある程度閉じてから化粧水を塗るようにしましょう。
また脱毛後は肌が乾燥していることがほとんどですので出来るだけたっぷり塗るのがおすすめです。

ただ乳液の場合は塗り過ぎると毛穴が詰まる恐れがあるので乳液だけは量を加減しながら塗ってください。
脱毛の際に軽い腫れ程度であれば時間が経てば治まりますが、酷い炎症や出血などが起きた場合には脱毛を中断して早めに皮膚科などの専門医に診てもらうようにしてください。